日本語ボランティア募集

Associated Kyoto Program(AKP)は同志社大学を拠点に米国リベラルアーツ大学13校が共同で運営している1972年創立の留学プログラムです。英語力は問いません。アメリカの大学生と友達になりたい、文化交流がしたい方を募ります。また英語力アップにつなげたい方も是非!自分のゴールにあった活動にたくさん応募してください。オンラインでの活動なのでいつでもどこでも参加できます!

ボランティアの主な活動内容

1. オンライン日本語パートナー

学生の日本語の練習相手になっていただきます。使う言語と媒体によって、下のA、B、Cの3つの形態があります。

A. 日本語会話パートナー:Zoomなどを使って学生と週に1回、30分〜1時間程度、日本語のみで会話の練習をしていただきます。特に教師の指示がない限り、話す内容は自由で、普段友達と話すような感じで練習、交流していただければ結構です。時間もパートナーの学生と相談して、都合のいい時間を決めてください。

B. ランゲージエクスチェンジ:活動のしかた、内容などはAの日本語会話パートナーと同じですが、ランゲージエクスチェンジの場合は、日本語と英語(可能な場合はその他の言語でも可)で話す時間が半分ずつになるようにしてください。

C. 日本語文通パートナー:基本的に週に1回、メールソフトやLINEなどを用いて、日本語でメールやチャットの交換をしてください。ある程度まとまった内容を送り合ってもいいですし、チャットのように短い内容をやりとりしてもかまいません。学生の日本語のレベルに応じて、やさしい日本語で書く、画像を用いる(例えば、ペットの写真を共有するなど)といった配慮をお願いします。

2. オンライン交流会

小グループ(6名程度)で日本語だけで話す約1時間の交流会です。今期(2021年9月〜12月)はボランティアの皆さんに二人一組で各グループの会話のリード役をお願いします。希望者を対象に9月初めにオンラインで詳細を説明します。予定が決まり次第メールで連絡しますので、参加を希望する方は申し込んでください。

3. 授業協力

アメリカの大学の日本語授業のディスカッション、インタビュー、アンケートなどの活動に参加する活動です。依頼がある都度情報をメールしますので、参加希望の方は加盟校の先生に直接申し込んでください。

4.その他イベント

AKPが不定期で開催するイベントの参加協力です。

活動場所

オンラインでの活動になります。

応募資格

  • 同志社大学、同志社女子大学の学生で、日本語が母語の方
  • 異文化理解に積極的にかかわりたいと思っている方
  • オンラインで活動できる方(基本的に、ビデオをオンにして活動していただきます)
  • PCメールが受け取れる方


登録から活動までの流れ

  1. まずボランティア登録をしてください。(個人情報はAKP同志社留学生センターの学生との交流活動のためにのみ使用します。)
  2. ご登録のメールアドレスに、日本語パートナーの募集、交流会参加者募集、授業協力の依頼、イベント開催などの情報をお送りします。興味のある活動があれば、メールの指示に従ってご応募ください。

いずれの活動も、自分から積極的にリードしてくれる方、責任を持って活動してくださる方を希望します。

質問、お問合せは、[email protected] (担当:日本語科 今尾) まで。